ライブ会場へ
2018 / 04 / 07 ( Sat )



岩見沢行きの汽車に乗りました


今日は冬に逆戻りなお天気


冬物をまた引っ張り出しました
コートは春物だけど...


街を行く人も、体をちぢこませ、表情すらも暗く感じました


皆さんは元気にしてますか?



このところ、痩せないば...と、頭では思っています


だども、心は、美味しさを求め、口も正直にそれに答えるわけで


5/3のライブ用衣装が着られなくならないようにしないば...と、ひやひや


ほどほどの我慢と、

ほどほどの解放と、

ほどほどのウォーキングで乗り切る所存です


岩見沢まであと30分ほど


車窓を楽しみつつ、ステージを創造します











🍀本日🍀
‪『Time in a Bottle 早春 』‬
日時:4/7(土)OPEN16:30/START17:00
会場:岩見沢 MPホール(岩見沢市大和3条8丁目2-2)
料金:前売/大人¥3000 高校生以下¥1000 ,当日/¥3500(1Drink付)
出演:磯部和宏 ‪/田野崎 文(pf齊藤桃子)/Nothing/いくもまりwith 岸 孝志‬

🍀今後のライブ予定🍀
♪5/3(木祝)4枚シングルリリース第1弾
 インストアライブ@音楽処
 宴&トーク&ライブ@cafe CHI-MM
🆕♪6/18(月)@フライアーパーク





12 : 14 : 51 | おしゃれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
タートルネック
2018 / 02 / 01 ( Thu )
局に向かう道すがら。


今年は、日々の日記を付けると良いと、何かで読みまして。


心が浮き沈みしてるうち、1月も終わり。


2月の今日からやってみっか、的な。





皆さんはタートルネックお好きですか?


まりもは好きです。


でも、ちょと苦手です。


それは、、、


コンプレックスが、二の腕が、露になるからです。


この二つの相まった気持ちを胸に、今日も身に纏い、ラジオにのぞむわけです。


でも、こんな寒い日にはもってこいなんですよね。


肌への密着感がたまりまへん。


それでは、のちほど、ラジオで。。。











🍀今夜はラジオ生放送🍀
『まりものこべやレディオしろいし』
放送局:FM白石83.0MHz
日時:2/1(木)20:00~21:00生放送
MC:いくもまり
音楽回レギュラー:木村ゆう、かゆぱん(ネコライダー)
ゲスト:小林初香
メッセージ宛先:marimo@830.fm
※今月のピックアップイヤーは「1978年」
※パソコンからはサイマルラジオで、スマホやタブレットからは、無料アプリtuneinRADIOで、全国からお聴きいただけます。
※Twitterからは、生放送にご参加いただけます。#いくもまり で呟いてみてくださいね。





19 : 29 : 05 | おしゃれ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
おくりもの
2017 / 10 / 14 ( Sat )



中標津から送られてきた


素敵な素敵なハンドメイドのイヤリング


「まりも」だ✨


また、愛を受け取った


深く深く感謝だ





どお?


似合うでしょ😊











🍀あと2週間🍀
『HIROCAFE音楽会vol.3』
日時:10/27(金)open20:00/start20:30
会場:フライアーパーク(札幌市豊平区平岸4条7丁目12-10 Y's CITY BLD 1F)
料金:¥2,000(1ドリンク付)
出演:一番星☆蛇ッ太/いくもまり/ナガイケンタロウ

01 : 30 : 19 | おしゃれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
桃の節句
2017 / 03 / 04 ( Sat )



女の子が主役。


小さい頃は、七段のお雛様を飾ってもらい、お祝いをしたものです。


生ちらしと桜餅やら鶯餅やら時にはイチゴのケーキと、楽しみがいっぱい。


灯りをつけましょぼんぼりに~♪


雛あられも取り合いに。



と、ゆーことで、今日のお洋服は、裾からレースをちらつかせたりしてみました。



だって、女の子だもん❤





02 : 11 : 48 | おしゃれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
週に一度
2017 / 02 / 07 ( Tue )



一週間のコーディネート献立を立てるの



夜な夜な




気がつくと2時間くらい経過してる




無心で夢中な時間




おしゃれは自由




生き方も自由




だからこそ生き生きと






03 : 37 : 59 | おしゃれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>