沖縄本島2日目
2017 / 02 / 26 ( Sun )
昨日は、この旅のメインイベント。





沖縄最大規模のやちむん市へ。


興奮するわー。


鼻息荒く、11脚を購入。


お家呑みが楽しくなるね、これは。


人気のお店なんかは、数分でほぼ売り切れ。


全島から窯元が集まるとのことで大にぎわい!



10ヶ月前からこの日を楽しみにしていたの。


あー、


楽しかった。


また、来年も来たい...








戦いのあとは、すばでほっと一息。


昨年に引き続き。


3度目の来店となる『まるやすそば』さん。


白濁したスープは飲み干す美味しさ。





夜は、大人な雰囲気漂うディープな街「栄町」へ。


お目当てのお店が21時頃の開店ということで。


歓楽街にある中華料理店で餃子をつつきつつ、一杯、二杯。


札幌から飛行機に飛び乗ってやってきた、愉快な?!仲間も迎え、まさかの沖縄で乾杯!笑





さあさあ。


お目当てはコチラ。


「おでん東大」のおでん!


開店前には行列ができ、もしや、入れないかも!?のハラハラ。


なんと、自分等までギリギリ入れまして。


ほっ。。。





ミミガーと豚ハツの冷製なんかをつつきつつ、主役の登場を待ちます。





こちらが御大。


大根。

中身串。

とうふ。

がんもどき。

葉物。

てびち。


実は、てびちに抵抗があったんだけど、するっする、プルっプル食べれたよ。


おでんの概念が変わった夜。


本島は、「焼きてびち」なるものを食べたかったんだけど、2時間待ちということで、次のお楽しみに。


沖縄の夜は長い。




今日も今日とて、


どんな出会いが待っているかなぁ。。。












🍀3月のまりものこべやレディオしろいし🍀
3/2(木)まりもひとり回
3/9(木)音楽回
3/16(木)演劇回
3/23(木)スナックこべや回
3/30(木)まりもひとり回





18 : 14 : 11 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
宮古島バイバイ
2017 / 02 / 25 ( Sat )



昨日。


美味しい記憶を胸いっぱいに与えてくれた宮古島をあとに。





また来るね。










ソーキそば。


体が宮古の鰹だしに慣れてしまったからか、懐かしさすら感じたよね。





生シークワーサーサワー。


この旅で、泡盛の前に必ず呑んでる。


シークワーサーってこんなビジュアルなんだー。


餃子とかパクチーとか。


体と心をリセットした夜。




本日、

この旅のメインイベントです。



それでは、

行ってきまーす。


09 : 30 : 54 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
宮古島3日目
2017 / 02 / 24 ( Fri )
こちらは雨模様


朝は目が覚めたら起きるというスタイル


遅めの朝食を摂りお部屋でひとしきりまったりしたあと





すばを求めてドライビーン


こちらは宮古島の南、池間島にあるお見せ「海美来(かいみーる)」さんの宮古そば


鰹だししっかり、太めの麺、平かまぼことしっかりめに味付けされた豚肉


ごちそうさまでした







今日は、お目当ての酒蔵で泡盛もゲットして


夜の良い酔いのためお昼寝も十分に





昨夜に続き「ぽうちゃたつや」さん


まさか、宮古に来てお鍋を食すとは思ってもいなかったけど


前日、地元の方が食べていた鴨鍋が気になっていたのと、ここのお出汁が最高だったこともあって


いただきました


透き通ったお出汁に滲み出す鴨肉の黄金の油


最高やー!



お料理は引き算


食材が合わさった上での



そんなことを考えさせられた夜





あー


宮古の最後の夜


最高やー!

01 : 34 : 57 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
宮古島2日目
2017 / 02 / 23 ( Thu )
宮古島を巡る





3.5㎞もある、伊良部大橋


生憎の曇り空だけど


海の色はコバルト


その橋を渡ると伊良部島




この旅では、一日一すば←昨日、食べ損ねたけど(´∀`;)





店構え





「かめそば」をチョイス


ゆしどうふ初挑戦


鰹だしの効いたスープ


麺もお豆腐もお肉も平天も、みんなちゃんと主張してくる


それをスープが上手くまとめてる感じ





その橋はどこへ向かうのだろう


下地島にて





日本一美しいビーチ


風が強すぎて目も鼻も口も靴の中も砂だらけ


与那覇前浜ビーチにて





宮古島で最も行きたかったお店


「ぽうちゃたつや」



🎵島らっきょう塩漬け&醤油漬け
→酢漬けで身も心も引き締まりましたよ。

🎵パルダマ(水前寺菜)おひたし
→この旅の収穫。菊の仲間。紫の色素が特徴でね、独特の粘りもあるの。食べ進めると、栗イモと思われるお芋が出てきて絶妙なアクセントに。

🎵宮古牛レアステーキ刺身仕立て
→ショウガ、わさび醤油、オリーブ油などお好みで。肉の旨みが素晴らしいの。

🎵アーサのかき揚げ
→熱々を。お塩でも天つゆでも、一口目で広がる磯の香りがやみつきになるよ。

🎵やんばる若鳥串&熟成豚串
→塩味で注文したんだけど、添えられたお味噌が絶品。お肉もぷりぷりと歯応えがあってお代わりしたいのをぐっとこらえたよ。

🎵紅イモのサラダ
→島の生のお野菜と自家製の紅イモチップスの相性が抜群。

🎵ダブルチーズコロッケ
→衣はなんだろう、もしかしたらおからだったのかな。お芋の感じも自分がよく知ってる、あのジャガイモではないの。すっっごく美味しかった。





お腹が一杯だということに気がつかない不思議


するすると食べさって、明日も予約を入れました


大将が最後に出してくださった
「酢飯のお粥」

冷たさと酸味が、満腹の胃に優しく「お疲れさま」って




あー


食は基本だよなって



何をどのように食べるか、体に入れるか


それを丁寧に教えていただいた気がする



明日も最高の夜になりそうだ





01 : 29 : 22 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
宮古島
2017 / 02 / 22 ( Wed )



札幌から約3,000㎞。


厚い雲を抜けるとそこは空気の匂いも流れる時間も違って見える。


さっきまで、雪の中、スーツケースのあまりの転がらなさに絶望していたとは思えない。


人生史上、日本国内最南端、宮古島へやって来た。


この旅の真の目的は、実は別にあるのだけど。


それは追い追い。





旅の1食目。


宮古と言えば『牛』ということで。





島らっきょうでコンディションを上げ。


沖縄へ来るとやはりどのお店でも、その味をチェックしておきたい。


自宅で仕込むときの参考に...





おぉ、美しい。


絶妙な肉の厚み。


宮古牛の肉味がしっかりと口中に広がり、箸が止まらない。






旅は食。


そして酒。




8日間、お勉強させていただきます。




06 : 46 : 46 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>